がチームやファンを鼓舞するパフ

がチームやファンを鼓舞するパフォーマンスとしてやるくらいしか意味はないかな。あ、あとは審判によっては同情判定勝ち取れるかも。常識です。目立ちたい人がやる、意味のない行為です……あれは土下座してるんだよね。え~っと・・・今更なんでこんなことで論議されてるのだろう???  トップスピードのままベースに飛び込んでタッチするまでに一度も地面に接触しないのならばヘッドスライディングの方が早いけど無茶苦茶テクニックがいるよ?速さはわからないが審判をすると駆け抜けられた方が分かりづらいデスよ\(^o^)/陸上では誰もやってないとか、陸上競技と合わせて書いてる人がいるけどそもそも短距離走やマラソンなどの陸上競技のゴール判定って指先じゃなくて胸だった気がする。高校野球で最後のバッターが必ず滑り込むのも長年の疑問だったりする。(お、新井貴浩のヘッドツライディングか?)ベースまでの歩幅が合う自信がない時に行うってことを失念してない?比較するなら「歩幅を無理やり合わせて走り抜けた時」と「合わないから滑り込んだ時」を比べないと無意味。あと前者の時の怪我は、目立たないだけで案外多いし重傷倒れる寸前まで重心前にかけ関係者が驚いたエイジングリペア 最安値て手を伸ばせば早そうだ。陸上競技と比較している人いるけど、陸上競技は胸で判定するので、手を伸ばしても無駄だからです。 確かに怪我のリスクの方が高いわな。。。ヘッスラってチームの士気を上げる意味合いが強いよね福本さんは外野手のダイビングキャッチに対しても『打球に対する目測と動き出しが早ければ飛び込まんでも取れる』言う人やからねw ごもっともなんだが、チームの士気を上げる派手なプレーは士気をあげるからね。数字や合理性だけじゃねえよ。は気合いの発露。野球しか能がないような男達が全てをぶつけ合って火花を散らす勝者と敗者の鮮明な。それが野球の醍醐味だろう⇒なんか当たり前のことな気がする・・・けどああいうときは体が勝手にしてしまうんやけどね(笑)一塁へのヘッドスライディングが良いのは、次の塁をうかがったほうが良いときぐらいかな?(それでもヘッドではなく足からのスライディングか?) ちょっと実験してみないとわかりませんね。ある漫画で言ってたな。スライディングとかやるのは集中しきれてない証拠とも言ってたな。イチロー選手は怪我をするリスクを避けるためにしないことで有名!どっちが速いのか?という論点か